むぎのめは、鹿児島で障がい者・高齢者の福祉に関する医療・生活・文化の向上を図る事業を行っています。

むぎのめの理念

福祉生活協同組合 むぎのめの理念

福祉生協むぎのめは、社会福祉法人麦の芽福祉会を支援し共同する組織「協同の組織むぎのめ」をより発展させる取り組みから出発しました。

それは単に社会福祉法人麦の芽を支えるという限定した活動から、以下に揚げている理念を自らの理念として多くの人々と連携し、この社会に理念を実現させようという社会的・文化的・経済的な活動への発展でした。

そして、私たちは、その活動は、協同組合理念と組織的理念とその理念を実現できる組織形態で進めることがふさわしいと考え、ここに福祉生活協同組合を作ることにしました。

 

1、定義

福祉生協むぎのめは、協同で所有し民主的に管理する諸活動・諸事業を通じて、共通の社会的・文化的ニーズと願いを満たすために自発的に手を結んだ人々の自治的組織です。

 

2、組織目的

その目的は、協同を通して人間性・個性・人権の回復・発展であり、人間発達と自己実現そして地域発展を目指しています。

 

3、組織としての価値

福祉生協むぎのめは、相互援助、協同による自己責任、民主主義、平等、公平そして連帯という価値の上に連帯して諸活動と諸事業を進めるとともに、結果だけでなくすすめていく過程を大事にします。

 

4、組合員としての価値

福祉生協むぎのめの組合員は、これまでに人が築き上げてきたヒューマニズムの伝統を受け継ぎ、誠実、公開、社会的責任そして他人への配慮という倫理的価値を信条とします。

 

5、第1原則 自発的で開かれた組合員

福祉生協むぎのめは、人々の個性と人権を発展させる方向で結ばれた組織です。その理念を志向する全ての人々に対して開かれます。

 

6、第2原則 組合員による民主的管理

福祉生協むぎのめは、組合員によって管理される民主的な組織です。組合員はその法人決定への参加と企画への参加、運営への参加、利用への参加に積極的に参加します。選出された代表として活動する人は、組合員全員に対して責任をもっています。

 

7、第3原則 組合員の経済的参加の非営利性

組合員は、福祉生協運営の為に、公平に出資金を拠出し、それを民主的に管理します。また、組合員は、自発的に諸活動、諸事業を企画したり、積極的に運営に参加します。しかし、その目的は、利潤追求ではなく、社会的目的実現にあります。

 

8、第4原則 自治と自立

福祉生協は、組合員が管理する自治的な相互援助組織です。従って、政府、政党、宗教その他のいかなる他者、権力の直接的な統制下には置かれません。また、外部との連携においては、福祉生協の自主性を保持する条件において行われます。

 

9、第5原則 教育、訓練、および広報

福祉生協は、組合員が福祉生協の発展に効果的に貢献できるように教育を重視します。また、希望する全ての人々のために教育的事業をすすめます。更に、これらの諸活動、諸事業の特質や意味について広報に努めます。

 

10、第6原則 協同の理念をもつ組織との協同

福祉生協むぎのめは、協同の価値をもつ他の組織と積極的に協同し、組合員にもっとも効果的なサービス、情報を提供します。

 

11、第7原則 コミュニティーへの関与

福祉生協むぎのめは組合員によって承認された諸活動、諸事業を通じてコミュニティーの発展のために貢献します。

 

12、第8原則 社会福祉の原則、理念の堅持

福祉生協がすすめる諸活動、諸事業は「命を守り」「仕事をおこし」「地域をつくり」「文化を高め」「人を育てる」という福祉の根源にさかのぼった思想に貫かれているように努めます。